tel

Nadcapについて

Nadcapとは、米国のNPOであるPRI (Performance Review Institute)が審査機関として運営している国際航空宇宙産業における特殊工程や製品に対する国際的な認証制度のこと。世界の航空宇宙関連企業である機体、エンジン及び搭載機器のプライムメーカー(ボーイング、エアバス、三菱重工、GE、RR、Honeywell等)が参加しております。 
プライムメーカー各社がサプライヤーに発注する製品に特殊工程が含まれる場合には、製造委託する条件としてNadcapの認証取得を義務付けている場合が多いです。

 

Nadcapについて

1.1 Nadcapとは?

National Aerospace and Defence Contractors Accreditation Program”
「国家航空宇宙及び防衛産業における特殊工程認証制度」

特殊工程の認証のコスト削減を図るためにプライムに代わり、特殊工程を審査するPRI機関(1.2項参照) を設立した。
そこに主要プライム企業が参加し、世界的に共有化されたプログラムのもとで航空宇宙及び防衛産業の特殊工程認証システムを作った。これをNadcapという。
注記:以前はNADCAPと大文字表記でしたが、固有名詞化(商標登録)して”Nadcap”とされている。
資料:「中小企業の航空機産業への参入のためのガイド」中小企業庁2015年3月参照

 

1.2 PRI組織とは? ”PRIで検索”

  • PRIPerformance Review Institute)とは、1990年7月に設立された非営利団体で以降、現在に至るまで、PRIは、プライムの代理人とし、Nadcap認証の審査管理運営業務を行っている。

  • PRIの本部米国ペンシルバニア州であるが、航空機産業化のグローバル化の進展とともに、各地域における審査に対応するため地域事務所が設立されている。

  • 2000年に欧州(ロンドン市)に、2004年に中国(北京市)に、2005年に日本(名古屋)に設置された。

 

代表的なNadcap認証の種類とそのスコープ

 

認証プロセス(種類)

スコープ

化学処理

Chemical Processing

陽極処理、化成皮膜処理、メッキ、塗装、エッチング、ケミカルミーリング等

コーティング

Coatings

溶射、蒸着等

従来型機械加工

Conventional Machining as a Special Process

穴あけ、ミーリング、研磨等

熱処理

Heat Treating

熱処理(アルミ/鋼/チタン等)、パイロメトリー(高温測定:炉の管理)、浸炭、窒化、ろう付け等

測定及び検査

Measurement & Inspection

三次元測定機、レーザートラッカー等

非破壊検査

Nondestructive Testing

浸透探傷検査、超音波探傷検査、放射線検査、渦流探傷検査、磁粉探傷検査等

特殊機械及び表面強化

Non-conventional Machining and Surface Enhancement

電解加工、電解研磨、放電加工、レーザー加工、ショットピーニング、フラップピーニング等

非金属材料製造

Non Metallic Materials Manufacturing

樹脂、接着フィルム、コア等の製造

溶接

Welding

溶融溶接、抵抗溶接、電子ビーム溶接、拡散接合(溶接)、レーザー溶接等

Nadcap受審の流れ

PRIウェブサイトはこちら

JISQ9100

JISQ9100

ご相談・お問い合わせは、

名古屋品証研株式会社 TEL : 052-681-1891

またはこちらの「お問い合わせフォームにて受け付けております。

JISQ9100

JISQ9100

関連リンク

Nadcapについて

ショットピーニング・ワークショップ(初級・中級・上級)

フラップピーニング 実践的アプローチ

Nadcap関連書籍の販売

JISQ9100