tel

JISQ9100について

JIS Q 9100:2016について

IAQGは、2000年にISO 9001要求事項に、航空、宇宙及び防衛分野の特有な要求事項を加えて、IAQG:2000“航空、宇宙及び防衛分野の組織に対する品質マネジメントシステム要求事項”として作成しました。それを米国ではAS 9100:2000, EUではEN 9100:2000, また日本ではJIS Q 9100:2000のセクター規格として制定してきました。
これらの規格は、ISO 9001の2008年及び2015年の改正に伴い、AS/EN/JIS Q 9100:2009及びAS/EN/JIS Q 9100:2016と改正されました。
2016年版の改正は、ISO 9001:2015の改正に合わせて、“リスクに基づく考え方”の導入、“組織の知識”の要求、また、“パフォーマンスの評価”の強化、“サービス産業”への配慮が主な改正事項です。

一方、セクター規格である9100:2016が、2009年版と大きく変更された箇条は、8.4「外部から提供されるプロセス及び製品の管理」、8.1.3「製品安全」、8.1.4「模倣品の防止」の要求事項です。なお、製品実現の主要プロセスである箇条8.3「設計・開発」、8.5「製造」等については、2016年版は2009年版に対して大きな変更はありません。

 

顧客要求事項及びJIS Q 9100の理解

JIS Q 9100の要求は、顧客の品質マネジメントシステム要求事項から引用され、単独にJIS Q 9100を呼び出すことはありません。JIS Q 9100では、品質記録の保管期限、特殊工程の承認対象範囲、不適合製品が発生した場合の具体的な処置様式を定めておらず、現実的には品質マネジメントシステムとして運用できない部分が多々あります。したがって、顧客の要求事項を十分に理解して、品質マネジメントシステムの構築、運用を図る必要があります。また、AS/EN/JIS Q 9100規格は、欧米の航空宇宙産業界の文化、慣習(雇用制度、契約重視、性悪説に基づく要求等)をベースとして制定されていますので、それらの要求を理解して対応する必要があります。

 

顧客要求事項/JIS Q 9100/ISO9001

JISQ9100のISO9001に対する主な追加要求事項

  • 運用の計画及び管理に対する追加要求

  • 運用リスクマネジメント

  • 形態管理/製品安全/模倣品の防止

  • 設計・開発への追加要求

  • 外部から提供される製品への追加要求

  • 製造の管理への追加要求

  • 特殊工程の妥当性確認及び管理

  • 製造工程の検証

  • 識別及びトレーサビリティへの追加要求

  • 引き渡し後の活動に対する追加要求

  • 不適合製品管理への追加要求

  • 不適合に関する人的要因の原因究明

 

 

JISQ9100関連リンク

JISQ9100について

JISQ9100:2016規格解説セミナー

JISQ9100:2016内部監査員養成セミナー(2日間)

JISQ9100認証取得支援

関連書籍の販売